スポンサードリンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
パッチギと韓流
パッチギは井筒和幸監督の映画。
日本映画だけど、韓国でも公開されてるんだって。

1968年。京都にある東高校2年生松山康介は常日頃から争い事の絶えない朝鮮高校にサッカーの練習試合を申し込むことになった。しぶしぶ朝鮮高校を訪れた康介は音楽室で一人フルートを奏でる少女・キョンジャに一目惚れする。しかしあろうことかキョンジャの兄アンソンは同校の番長であった。どうしてもキョンジャと仲良くなりたい松山は朝鮮語を必死で習得すると同時に楽器店でギターを購入。キョンジャが演奏していた『イムジン河』(임진강/림진강)を覚え彼女の前で演奏することを決意するのだが・・・。

アジアがひとつになっていきますねぇ。
スポンサーサイト
【2007/04/17 12:10 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
<<リア・ディゾン、カリスマの特性 | ホーム | 山本梓は専修大学松戸高等学校>>
コメント
はじめまして^^

私のスポーツ関連ブログで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://suportdaisuki.blog80.fc2.com/blog-entry-247.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
【2007/04/18 02:34】 | URL | スポーツだーい好き! #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://platinumh.blog99.fc2.com/tb.php/42-cf5bf49b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。